クレジットカードの現金化は違法なのか

クレジットカードの現金化は違法なのか

お金が急に必要になってしまった際、便利なサービスがクレジットカードにあるショッピング枠を使って現金に換えるサービスです。しかし、この現金化に関して違法なのではないかと考えている方がいます。そこで今回は、その点に関して記載します。

違法にする線引きが難しいからこそ

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の二種類があります。キャッシング枠はお金を借りることが出来る枠のことです。このキャッシング枠を使い切ってしまったものの、まだお金を借りる必要がある際などに利用するのがショッピング枠の現金化です。しかし、このショッピング枠の現金化に関して違法行為なのではないかと考えている方が多く言います。法律的に言ってしまうと、違法とする線引きが難しいことからグレーゾーンと考えられています。そのため、ショッピング枠を使って現金に換えたからこそ捕まるといったことはありません。

カード会社の規約には違反することになる

法律的には違法ではありません。そのため、ショッピング枠を使って現金に換えたからと言って捕まることはありません。しかし、カード会社の利用規約には違反します。というのも、各カード会社ではお金を借りる必要がある方に対して信用の範囲内でお金を貸すキャッシング枠を用意しています。そのためショッピング枠を使って現金に換えられてしまうと本末転倒なだけでなく、利用した金額を払ってもらえない可能性もあります。そのためカード会社ではショッピング枠を使って現金に換えることを規約違反としています。万が一発覚するとカードの利用停止となってしまう可能性があります。

リスクもある点をしっかりと把握する

クレジットカードの現金化は即日現金を手に入れることが出来るため今すぐにお金が必要と考えている方に最適なサービスとなっています。しかし、その一方でリスクも非常に高いです。その点をしっかりと把握しましょう。また、万が一悪質な業者を利用して現金に換えてしまった場合、クレジットカード番号等が流出してしまう危険性もあることから最新の注意を払って検討することが重要となります。即日現金を手にすることが出来るものの、その分リスクもあることをしっかりと把握し、ご自身でしっかりと比較した上で利用を検討してみましょう。

まとめ

今すぐにお金が必要な方にとって、ショッピング枠を現金に換えることが出来るのは非常に魅力的です。しかし、法律的には問題のないものの、カード会社の利用規約には違反してしまいます。また情報流出の危険性もあるので注意しましょう。

比較ページへのリンク画像