クレジットカードの現金化後に債務整理をする

クレジットカードの現金化後に債務整理をする

クレジットカードの現金化を利用した後、カード会社への支払いができなくなる場合があります。債務整理をすれば、支払いが免除される可能性があります。ただし、すべての方法で行えるわけではありません。弁護士などと相談しないといけません。

任意整理は金融機関と直接交渉する方法

借入金が支払えない状態になったとき、債務整理をすることがあります。方法としては、裁判所などで法的な手続きをとる方法と、借入先と直接話し合う方法があります。どちらにしても法律の専門家に間に入ってもらうことになるでしょう。クレジットカードの現金化を利用した時、任意整理はカード会社と行うことになります。借入の会社だと比較的大きな会社から小さい会社までいろいろあります。カード会社の場合はそれなりに大きな会社が一般的です。弁護士などに間に入ってもらいますが、ある程度の交渉には応じてくれると言えるでしょう。利息の免除、債務の免除等を行ってもらいます。

自己破産をすれば返済は不要になるか

借金があるときに、借金をすべてなくすことができる方法が自己破産になります。現在自分が持っている住宅などの資産をすべて手放し、それで債権者にできる限りの返済をします。そしてそれ以外は免除してもらえます。クレジットカードの現金化をして債務整理をするとき、自己破産を行うことができるかどうかになります。この手続きをすれば常に返済がなくなるわけではありません。担当する裁判官によっても対応が異なるとされています。専門の弁護士に対応を依頼しないといけないかもしれません。一般的なお金を借りる行為とは少し異なるので、注意が必要になります。

個人再生を選択するときの方法を知る

記事のイメージ画像

住宅ローンを払いながら住宅に住んでいる場合、自己破産をするとこの住宅を手放さなくてはいけなくなります。それを防ぐ方法として債務整理の中に個人再生と呼ばれる方法があります。再生案を裁判所に提出し、それが認められれば債権者に再生案に基づく返済を行います。大きく返済額が減らせるケースもあります。クレジットカードを現金化した時、個人再生であれば対応可能かもしれません。自己破産は、免責不許可事由に該当してしまうと行えません。一方、個人再生は免責不許可自由がないので、再生案が通ればそれで話を勧めることができます。弁護士と話し合って作成すると良いでしょう。

まとめ

債務整理の方法として、任意整理と自己破産、個人再生が知られています。クレジットカードの現金化をしたとき、任意整理や個人再生は行える可能性があります。自己破産は免責不許可されると行えない場合が出てきます。

比較ページへのリンク画像