現金化に必要なものはクレジットカードと業者

現金化に必要なものはクレジットカードと業者

クレジットカードのショッピング枠を使えば、現金を手にすることができるのは良く知られるようになりましたが、その際必ず必要なものがあるのを覚えておく必要があります。それは本人であることを確認する書類です。

必要なものと言えば最低限二つだけ

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠とがあり、キャッシング枠を使うことによってお金を引き出して用立てることができますが、その返済利息はなかなかに高いと言っていいでしょう。そのため、キャッシング枠を利用してお金を借りるより、ショッピング枠を利用してお金を用立てる方がお得な場合があります。自営業主や専業主婦、収入の少ない人などは、お金を用立てる必要があるとき、ショッピング枠を利用する現金化がおすすめです。その際に必要なものはクレジットカードと本人確認ができる書類で、運転免許証やマイナンバーカードなどが適しています。

なぜ業者は本人確認をするのかを理解しよう

よく、ご主人のカードを奥さんが使っているように、クレジットカードというのは本人でなくても暗証番号を知っていたり、サインレスの場合には家族のだれが使っても使えることがほとんどです。そのため、他人のクレジットカードを使って現金化を行おうとするのを防ぐため、現金化する業者は本人確認を行うわけです。そのクレジットカードがあくまでも本人の物であることを確認するため、運転免許証やマイナンバーカードなど、写真が入った本人確認書類の提示を求めます。とはいうものの、業者への現金化依頼はネットで行いますので、メールで画像を送信する仕組みが大半です。

仕組みとして成立しているためやむを得ない

記事のイメージ画像

自分の顔写真や運転免許証番号及び、マイナンバーカードの番号を携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影し、それをメールで送信することに少なからず抵抗を感じるという人は多いでしょう。けれど、クレジットカードの現金化を依頼する業者のほとんどがネットでやり取りをすることになりますので、本人確認書類も必然的にメール添付ということになります。これに慣れないことには、クレジットカードの現金化はできないという認識を持って臨むことが、スムーズにお金を用立てるには必要な意識改革と言えるでしょう。仕組みとして成立している以上、やむを得ないといえます。

まとめ

クレジットカードを使ってのショッピング枠現金化でお金を手にする場合、必要なものは本人確認書類です。業者とのやり取りはネットで行う仕組みになっていますので、抵抗があったとしても受け入れることが大事です。

比較ページへのリンク画像